[[FrontPage]]

 PPLプログラム委員に関する規定 (2005年 3月 運営委員会承認)
 =========================================================
 
 1. 選考手続き
 -------------
   1-1. プログラム委員長はプログラム委員の候補者リストを作成し,運営委員会に諮る.
 
   1-2. 運営委員会はプログラム委員の所属・分野のバランスや各委員の研究活動などを
    考慮して承認または修正の提案を行う.
 
   1-3. プログラム委員長は運営委員会からの意見をもとにプログラム委員の候補者の
        最終リストを作成し,依頼する.
 
 2. 選考基準
 -----------
   2-1. プログラム委員長の選出にあたってのガイドラインに準ずる.
      ただし,2-1, 2-2の基準はプログラム委員長よりも低くてよい一方,
      広く論文投稿を集めるという観点から2-3の分野・所属のバランスに特に配慮する.
      特に同一人物が長年(例えば4年)にわたって連続して委員を務めるべきではない.
      また,年齢のバランスも考慮することが望ましい.
 
 3. プログラム委員の役割
 -----------------------
   3-1. プログラム委員長に協力し,論文の査読,プログラムの編成を行う.
 
   3-2. 論文の査読にあたっては,PPLが研究の最終発表の場ではないことを考慮し,
        論文の改善の助けになるよう,建設的なコメントを書くよう努める.
 
   3-3. 関連する研究者に論文投稿を促す.
 
   3-4. 会議に極力出席し,討論に積極的に参加する.